抗がん剤と漢方の併用は効果も高いがデメリットもある

抗がん剤と漢方の併用は効果も高いがデメリットもある がんの治療には手術による摘出、放射線治療、薬物療法があり、局部的な治療なら摘出手術や放射線治療が有効ですが広範囲を対象とする場合は薬物療法が有効で、手術や放射線と薬物が併用される場合もあります。
これらの抗がん治療法は西洋医学での治療法で、ほとんどのがん患者は医師の方針に従って西洋医学のいずれかの方法で治療を進めます。
しかしがんという病気は最近に始まったものではなく、3000年以上も前の医書にも記されているくらい昔からあった病気で、そのころは今のような発達した抗がん治療法はなく漢方による治療が行われてきました。
現在の西洋医学の抗がん治療にも漢方療法を併用することはでき、それを行えば症状の軽減だけでなく腫瘍の進行を抑制したり、腫瘍マーカーの軽減も認められているのです。
実際に併用した患者の多くに生存率や生活の質の向上が認められています。
抗がん治療による副作用も軽減することができるので体力を失うことなく治療を進められるのです。
しかし体力を温存できる治療は、免疫力を維持できがん細胞と戦えるということなのですが、反面、がん細胞自身の働きも活発になり増殖してくる可能性もあるというデメリットも伴うので、細胞の働きを活発にさせて免疫力を高めるというものよりも抗がん生薬、解毒作用を高めるような漢方薬をうまく利用することが重要です。

漢方と西洋薬の抗がん剤のデメリットを比較

漢方と西洋薬の抗がん剤のデメリットを比較 中国が原産の抗がん剤の天仙液が注目を集めています。
これはこれまでの西洋医療に使われる抗がん剤や放射線治療と異なり、身体に負担をかけることなくがんの再発を防いだりがん細胞が自然死するのをサポートしてくれる働きが期待できるためと考えられ、あたらしいタイプの抗がん剤として人気です。
漢方薬は西洋薬と比べると身体の免疫機能を整えて正常化してくれる傾向にありますが、デメリットとしては自費診療となるという点があります。
天仙液を使った治療の場合、1か月あたり15万円前後が目安となりますが通常の西洋医療のがん治療の場合は健康保険が適用になるため、3割程度の負担になりますが漢方薬の場合全額負担となりますので、経済的な負担が大きくなるというのがデメリットと言えるでしょう。
そのため、放射線などの治療と比較してなるべくメリットを享受できるような形で治療を受けるのがポイントです。
天仙液は放射線治療の副作用を軽減してくれる働きが期待できますので、副作用に悩んでいるか方は医師に相談してみてはいかがしょうか。
両方のメリットとデメリットを理解して治療に取りいれることで効果を実感しながら副作用を軽減させることを期待できます。

抗がん治療の体質情報

抗がん 漢方