副作用と自然由来の民間療法

副作用と自然由来の民間療法 現代医学の進歩により、がんの治療は実に様々な方法で行われるようになってきています。
しかし、その主流はまだ手術や抗がん剤を使った治療となっており、メリットもたくさんあるのですが、同時にデメリットも多いのが問題となっています。

たとえば、抗がん剤を使った治療の最大のデメリットは副作用です。
髪の毛が抜けるのはまだしも、良い細胞まで影響を受けてしまうために、気分が悪くなったり、発熱があったりなどに耐えなければなりません。
その副作用が嫌だと治療を拒否するケースも少なくありません。

そのような抗がん剤による副作用を避けるために、自然由来のものを用いた民間療法も色々あります。
西洋医学が万能に思われがちですが、必ずしもそのようなことはありません。
その人にとってどのような治療が一番良いのかは、色々と試してみる必要があります。
特に末期であることを宣告された場合はなおさらです。
残り僅かな命をどのように生きるのかということも含めて、治療法を考えることが重要なのです。

抗がん剤の副作用などのデメリットについて

抗がん剤の副作用などのデメリットについて 抗がん剤によるがん治療を考えている場合、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておきましょう。
抗がん剤は全身に高い効果を得られることが大きなメリットです。
手術は切り取った部分のがん細胞を無くすだけですし、放射線治療も照射した部位にしか効果がありません。
薬の場合は血液にのって全身に運ばれるため、全身に効果を発揮するということです。
がんは全身に転移すると手術で取り除くことが難しくなります。
その場合も薬で進行を抑えることができれば治療の効果がアップしますし、場合によってはがんを根治させられることもあるのです。
抗がん剤のデメリットとしては、この治療だけでがんを完全に治せるわけではないということが挙げられます。
薬はあくまでがんの増殖を食い止めたり、腫瘍を小さくするためのものだと覚えておきましょう。
がんを完全に治すためには手術や放射線治療などが必要になります。
また、すい臓がんなどは薬の効果がないこともあります。
以前よりは体への負担が軽減されていますが、抗がん剤は薬なので副作用が発生することもあると言われています。