抗がん剤治療のデメリットは費用だけではない

抗がん剤治療のデメリットは費用だけではない がんの治療方法としてはいくつかの方法がありますが、その中の一つに抗がん剤を用いた方法が挙げられます。
がん細胞にアプローチすることで、劇的な効果を得ることが出来るという一方で、副作用のリスクや高額の費用がかかるなどのデメリットがあります。
抗がん剤を用いることで、がん細胞だけではなく正常な細胞に対してもダメージを与えてしまう可能性があります。
また、体質などによっては強い副作用が出ることも珍しくはありません。
抗がん剤はがん細胞と小さくするだけではなく、再発を防ぐことを目的として使用される場合もあります。
この場合、正常な細胞ががん細胞へと変化する可能性もゼロであるとは言えません。
がん治療はどのような方法を選択した場合でも、完治・寛解状態になるには時間を要するものです。
その間、常に費用が掛かり続けるということは、ストレスに感じられる人も少なくはありません。
効果についても長く治療を続けることで、効かなくなることもあります。

抗がん剤によるデメリットと副作用に対する対策

抗がん剤によるデメリットと副作用に対する対策 抗がん剤治療は、手術や放射線治療の補助療法として効果的ですが、吐き気や脱毛などの重い副作用が生じたり新しいがんが生じる場合もあります。
また、がん細胞が抗がん剤に耐性を獲得して効かなくなるというデメリットがあります。
このような治療では避けることができない副作用に対して、身体への負担が少ないお薬の開発や投与方法の工夫といった対策が積極的に行われています。
抗がん剤治療による脱毛を抑えることは現在の技術では難しいとされていますが、脱毛の対策には医療用ウィッグの技術が進歩しているのが現状です。
さらに、赤血球や白血球、血小板がつくられなく汎血球減少症に対しては、骨髄幹細胞に血球の増産を働きかける薬剤を投与する方法がなされていたり、吐き気やおう吐には、吐き気止めの薬剤を用いて症状の軽減が可能です。
現在は、抗がん剤の進歩はめざましく新薬が次々に開発されており、それと同時に副作用に対するお薬の開発も行われています。