抗がん剤のデメリットは体質次第で効き目が変わることです

抗がん剤のデメリットは体質次第で効き目が変わることです 抗がん剤は、がんの治療に用いられる薬物療法です。
ただ、これにはデメリットもあります。
まずは副作用であり、抗がん剤を使用するときにはがんに働きかける作用が大きいのですがその代わり薬の種類によっては副作用の強いものもあって体にダメージを与えてしまうものもあります。
そして、薬の効き目については体質によっては効きやすい人もいれば効きにくいまたは効かないという人もいるため、気を付けなければなりません。
また、抗がん剤を使用するデメリットには体質に合わない場合に起こるアレルギー症状もあります。
そのため、薬の効き目については医師がしっかりと見極めなければならないことも覚えておくべき点です。
基本的には抗がん剤による治療は、延命を図るために行います。
癌になりやすい身体を変えるというわけではありません。
ですので、薬にだけ頼るのではなく他の色々な方法とも組み合わせながら治療を行っていくのが最も良い方法といえるでしょう。

抗がん剤などを使用する標準治療のデメリットを改善する代替療法について!

抗がん剤などを使用する標準治療のデメリットを改善する代替療法について! 日本人の死因原因は男女ともに第1位ががんです。
日本では、がんの症状を改善するさいに、抗がん剤・放射線治療・手術などを行う「標準治療」が中心的になっています。
標準治療を行うと一般的な副作用として、アレルギー反応・身体がだるくなる・手足のしびれなどさまざまな副作用で出てしまうことがあります。
標準治療のデメリットとして、患者の肉体に大きな負担をかけてしまい、また、それに伴い精神がつかれてしまい、手術ができなくなるなどの問題が生じてしまうことがあります。
この様な問題に対応するのが、抗がん漢方療法・リンパ球療法・ビタミンC点滴療法などの「代替療法」と言われるもので、これは、患者の肉体と精神に大きな負担をかけないでがん治療が行えるメリットがあると言えます。
代替療法は、患者の生活の質を可能な限り落とさず(QOL)治療できるので注目されています。
代替療法は、まだ二次的な扱いとなってしまっていますが、代替療法を望む患者は少なくないのが現状です。